医師会員の皆様へ
  • HOME>
  • 医師会員の皆様へ|宮城県医師会会報 視座

宮城県医師会会報 視座 医師会員様向けの広報誌を発刊しております

宮城県医師会報4月号を発刊致しました。

山あいの春
2020 May
写真:湯浅 涼


2020/05/01:在宅医療を受ける子どもへの災害対策のために

 新型コロナウイルス感染症 この原稿を書いているのは4月中旬です。4月7日には新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言があり,4月9日には宮城県知事も移行期に入ったと宣言しました。4月10日より東京都が・・・

ファイルダウンロード

2020/04/06:災害医療コーディネーターと小児周産期リエゾン

 災害医療コーディネーターの概要  我が国は,平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災を契機として災害拠点病院の整備,災害派遣医療チーム(DMAT)の養成,広域災害・救急医療情報システム(EMIS)の整備等々に・・・

ファイルダウンロード

2020/03/03:死因究明等推進基本法に期待すること

 警察が全国で2018年に扱ったご遺体は,交通事故などを除き約17万人で,うち解剖されたのは2万344人で約12%でした。都道府県別で解剖が最も高かったのは神奈川県で41%,次いで兵庫県36%,沖縄県25%・・・

ファイルダウンロード

2020/02/04:台風19号と二酸化炭素

 令和元年10月13日に関東東北に発生した台風19号および河川の氾濫ほど,度肝を抜かれたものはあるまい。この台風により約100名に達する死傷者が発生した。被害に遭われた方々には...

ファイルダウンロード

2020/01/09:年頭所感

 明けましておめでとうございます。会員の先生方には,健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。  昨年は,天皇が即位され,元号が平成から令和に変わるという時代の・・・

ファイルダウンロード

2019/12/02:子どもの貧困に思う

 2006年ショック かつて日本社会は1億総中流という考え方が国民の中にあった。ところが2006年に経済協力開発機構(OECD)の報告書に日本の相対的貧困率がOECD諸国の中でアメリカについで第2位であると示されたため・・・

ファイルダウンロード

2019/11/01:「難聴児補聴器購入助成事業」−学校健診時の出来事から−

 例年のごとく2月末には次年度の十数校の学校健診の日程が決まり,新学期が始まる4月中旬以降から6月末にかけて学校健診が行われます。
 ある年の4月末,まだインフルエンザが流行しており,スギ花粉の飛散も・・・

ファイルダウンロード

2019/10/02:良い医師とはどのような医師のことか

 私たちは,「医師になればいい」といいと思って医学生や研修医に指導しているわけではなく,やはり「良い医師になってほしい」と思って指導している。が,いざその「良い医師像」を具体的に述べるとなると,答えるのに少し時間がほしいと思う。それは,その答えには・・・

ファイルダウンロード

2019/09/05:宮城県における働き盛り世代を対象とした健康づくりの取組

  県では,平成30年度から,働き盛り世代を対象とした新たな健康づくりの取組である「働く人のための健康づくりプラス推進事業」を開始しました。今回は,この取組について紹介します。まずは,この取組を開始した背景について触れます。県では,平成25年3月に・・・

ファイルダウンロード

2019/08/05:Evidence-Based MedicineとReal World Data

  米国でフラミンガム心臓研究が産声を上げた1948年頃は,10名の症例をまとめた研究ならば「大規模」と称することができた。1990年にGorden GuyattがMcMaster大学のレジデント募集のパンフレットにevidenced-based medicine(EBM)と言う言葉を世界で初めて使用した時代は・・・

ファイルダウンロード

ページの先頭へ戻る