医師会員の皆様へ
  • HOME>
  • 医師会員の皆様へ|宮城県医師会会報 視座

宮城県医師会会報 視座 医師会員様向けの広報誌を発刊しております

宮城県医師会報1月号を発刊致しました。

雨晴海岸
2018 January
写真:大坂 國通


2018/01/12:新年のご挨拶

 新年明けましておめでとうございます。宮城県医師会会員の皆様におかれましては,健やかに新年を迎えられましたこととお慶び申し上げます。昨年も東北地方は,台風や記録的な大雨により

ファイルダウンロード

2017/12/14:医療従事者のテロ災害対策

  2011年3月11日,私達は未曾有の大災害,東日本大震災を経験し,その後の懸命の救援活動から,災害医療に関する極めて貴重な教訓を得た。そして,その知見は後に全国で起こった災害時の医療体制のひな形となった(震災時の活動の詳細は2013年宮城県医師会編「東日本大震災記録誌」を参照されたい)。本稿では・・・

ファイルダウンロード

2017/11/08:宮城県警察医会について

 宮城県医師会報のこの誌面におきまして,宮城県警察医会の活動について数回にわたりお伝えしてまいりましたが,再度警察医の業務について述べますと,@警察署職員の健康管理,A留置人の健康管理,B異常死体の検案の3つの大きな業務があります。@とAは産業医的な業務ですが,警察医の・・・

ファイルダウンロード

2017/10/03:医療の効率性

 医療の効率ということについて考えてみたい。勿論これは地域条件,診療科,開業医,勤務医の違い,その医師の経験年数等によって多大な差があることは理解している。自身の例を出すのは大変恐縮ではあるが,多くの内科系開業医の先生とは類似性が多いと思われるので敢えて・・・
 

ファイルダウンロード

2017/09/05:学校保健

 学校保健は母子保健,乳幼児保健から職域保健,老人保健までの間の生涯保健の中で,幼稚園から小学・中学・高校と高等専門学校の児童生徒・学生までの十数年間に及ぶ期間で,・・・

ファイルダウンロード

2017/08/02:大規模災害時の医薬品備蓄

 平成23年3月の東日本大震災,平成28年4月の熊本地震,そして今度は今年7月5日に北九州豪雨災害が発生した。この九州北部を襲った記録的大雨による人的被害は7月15日現在で福岡と大分両県合わせて死者32名,安否不明者10名余。豪雨発生後10日経っても避難者の数は・・・

ファイルダウンロード

2017/07/04:地域づくりと地域包括ケアシステム〜地域の担い手は私たち一人ひとり〜

 この季節,緑のじゅうたんを敷きつめたように広がる田園風景,そしてゆったりと阿武隈川が流れるこの角田の地で地域医療に携わるようになってはや30年近くになります。これまで…

ファイルダウンロード

2017/06/02:医療事故調査制度について

平成27年10月より医療法に基づく医療事故調査制度が開始され,「平成28年 年報」(平成27年10月〜平成28年12月の事故発生報告数487件の集計分析報告)(以下,年報)が公表された。この制度について…

ファイルダウンロード

2017/05/08:救急医療と災害時医療について

 昨年度の宮城県の救急医療の最大のトピックは昨年10月のドクターヘリ運用開始だと思います。県議会でのドクターヘリ運用開始決定後,仙台医療センターと東北大学病院が基地病院と決定されました。その後,…

ファイルダウンロード

2017/04/13:君死にたまふことなかれ

 今年になって,当県の地方紙に,次のような記事が載った。  介護老人保健施設入所中の90代の女性が死亡したのは,施設が必要な延命措置を取らなかったためだとして訴訟となり,第1回の…

ファイルダウンロード

ページの先頭へ戻る